2014-01-25 20:12

Git -リポジトリ作成からコミットまで-

ここではリポジトリの作成からコミットまでの一連の流れを。
Gitのインストールがまだなら ⇒ Gitのインストール

準備

この記事での説明をわかりやすくする為に、ルート以下に説明用のディレクトリを作成しておきます。

ターミナル.app
$ cd ~
$ mkdir git_test
$ cd git_test

とりあえずgit_testというディレクトリを作成しました。

リポジトリ作成

リポジトリとは、プロジェクトのある一時点の状態を記録し、さらにその記録を履歴として保持することのできるデータベースです。

ターミナル.app
$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/yae/.git/

とすると、

ターミナル.app
$ ls -la
drwxr-xr-x    3 yae  staff  102  1 25 20:33 .
drwxr-xr-x  11 yae  staff  374  1 25 20:32 ..
drwxr-xr-x    9 yae  staff  306  1 25 20:33 .git

.gitというディレクトリが作成されました。

ファイル作成

このプロジェクト(git_test)にはまだファイルがないので、適当に作成してみましょう。

ターミナル.app
$ echo test > test.txt

すると、

ターミナル.app
$ ls -l
-rw-r--r--  1 yae  staff  5  1 25 21:06 test.txt
$ cat test.txt
test

testという内容のtest.txtが作成されました。

ステージする

リポジトリへファイルを追加したいことを知らせることを"ステージする"といいます。

ターミナル.app
$ git add test.txt

これでtest.txtをステージすることができました。

確認は、

ターミナル.app
$ git status
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#   new file:   test.txt
#

new fileとしてtest.txtがステージされたのがわかります。

コミットする

git addを実行しただけでは、リポジトリに変更が追加されていません。
リポジトリに変更を追加する為にはコミットをする必要があります。

ターミナル.app
$ git commit

すると、ターミナル上でエディタが開きます。

ターミナル.app
# Please enter the commit message for your changes. Lines starting
# with '#' will be ignored, and an empty message aborts the commit.
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#       new file:   test.txt
#

こんな感じに。
git statusの実行結果と似てます。
これの先頭にこのコミットに対するコメントを残します。

ターミナル.app
最初のコミット

最初のコミットです。
これによってリポジトリに登録されます。

# Please enter the commit message for your changes. Lines starting
# with '#' will be ignored, and an empty message aborts the commit.
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#       new file:   test.txt
#

という具合に。
エディタを閉じると…

ターミナル.app
[master (root-commit) 7aae24c] 最初のコミット
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 test.txt

と、コミットが完了したことを示すメッセージが表示されます。

リポジトリの履歴を確認する

最初のコミットが完了したところで、履歴を確認してみましょう。

ターミナル.app
$ git log
commit 7aae24c705793ce9b02e8b85207744824b2f995e
Author: あなたの名前 <あなたのメールアドレス>
Date:   Sat Jan 25 22:22:19 2014 +0900

    最初のコミット

    最初のコミットです。
    これによってリポジトリに登録されます。

コメントと共にコミットした情報が表示されます。

今後はファイルを修正する度にコミットすることで開発を進めることになります。