2013-04-07 20:13

Rubyのインストール -Mac OS X- (4)

Rubyをインストールする(1)

Rubyをインストールする前に、Rubyが利用する「readline」と「OpenSSL」の2つのライブラリをインストールしておきます。
Rubyのインストール -Mac OS X- (2)でインストールしたHomebrewを使います。

readlineのインストール

readlineは、コマンドラインの1行入力を支援するライブラリ。

ターミナル.app
$ brew install readline

すると次のようなメッセージと共に処理が進みます。

ターミナル.app
==> Downloading http://ftpmirror.gnu.org/readline/readline-6.2.tar.gz
Already downloaded: /Library/Caches/Homebrew/readline-6.2.2.tar.gz
==> Downloading patches
######################################################## 100.0%
######################################################## 100.0%
==> Patching
patching file vi_mode.c
                       .
                       .
                       .
Generally there are no consequences of this for you.
If you build your own software and it requires this formula, you!ll need
to add its lib & include paths to your build variables:

     LDFLAGS    -L/***/***/***/readline/6.2.2/lib
     CPPFLAGS   -I/###/###/###/readline/6.2.2/include
==> Summary
/usr/local/Cellar/readline/6.2.2: 30 files, 1.6M, built in 100 seconds

「/***/***/***」と「/###/###/###」の部分は、後にRubyをビルドするときに必要になるので、実行結果を控えておきましょう。

opensslのインストール

「SSL」は「Secure Socket Layer」の略で、ネットワーク通信を暗号化するライブラリ。
そのオープンソースの実装が「OpenSSL」。

ターミナル.app
$ brew install openssl

すると今度は次のようなメッセージと共に処理が進みます。

ターミナル.app
==> Downloading http://openssl.org/source/openssl-1.0.1c.tar.gz
######################################################## 100.0%
==> perl ./Configure --prefix=/usr/local/Cellar/openssl/1.0.1c
--openssldir=/usr/local/etc/opens
==> make
                       .
                       .
                       .
Generally there are no consequences of this for you.
If you build your own software and it requires this formula, you!ll need
to add its lib & include paths to your build variables:

     LDFLAGS    -L/***/***/***/openssl/1.0.1c/lib
     CPPFLAGS   -I/###/###/###/openssl/1.0.1c/include
==> Summary
/usr/local/Cellar/openssl/1.0.1c: 428 files, 15M, built in 7.2 minutes

ここで出てくる「/***/***/***」と「/###/###/###」の部分も、後にRubyをビルドするときに必要になるので控えておきましょう。

最後に、インストールしたライブラリが参照できるようにリンクを張っておきます。

ターミナル.app
$ brew link readline
$ brew link openssl

このあと、rbenv、ruby-buildをインストールしてからrubyをインストールします。

続きは次回 ⇒ Rubyのインストール -Mac OS X- (5)